婚活ブログ

婚活全般

婚活でありがちなパターン

結婚相談所プレジャートレジャーのうえだです。

 

11月に入りましたが、日中は気温が20度を超えて暖かい日が続いていますね。

ちょっと異常気象気味な感じですが、過ごしやすくお出かけ日和なのでいいことですね。

紅葉の時期にも入っていますので、デートで紅葉を見に行くのもいいですね。

京都のお寺は、素晴らしい紅葉スポットが沢山ありますのでおススメです。

ただ、人が多く混雑するのが嫌なところですが…。

あと、朝晩は寒いので風邪などには気を付けて体調管理をしっかりしてくださいね。

 

さて、今回のテーマですが婚活でありがちなパターン「どういう人と出会いたいか?」ということについてお話ししたいと思います。

皆さんは、結婚相談所に入会したらどんな人とお見合いをして、結婚したいと思いますか?

所謂、理想の結婚相手ということですね。

当相談所では、お見合いのお申込みが20~40人まで可能です。

皆さんが気になるのは、「どれくらいのお見合いが成立するんですか??」

ということだと思います。

我は

「どのレベルの方にされるか?によって、まったく変わりますので、一概には言えません」

と回答をします。

例えば、就職活動でも上場企業を受けるか?中小企業を受けるか?

では、まったく内定を貰う確率が違うわけです。

 

・50代の男性が、延々に30代の女性にお申込みをしたり

・30代後半や40代女性が延々に、同じ年以下の男性にお申し込みをしたり

・40代女性が、年収の高い、かっこいい男性にばかりお申し込みをしたり

・プロフィールをまったく見ず、顔重視でお申込みをしてきたり

 

こういう方が非常に多いです。

ただこれは、仕方ないことだと思います。

結婚相談所の婚活は、入会して沢山の会員様の中から好きな人を探すスタイルだからです。

綺麗ごとだと思いますが、結婚相手は見た目や収入ではなく内面や人柄だとよく言われます。

これはお見合いを申し込む段階では、お会いしてお話しもしてないわけですから内面や人柄なんて分かりません。

いや、長くても1時間程度のお見合いでも初対面の方相手にはよく見せようと気を遣うでしょうから、その中でも分かるとも思えません。

だとしたら、会う前であらかじめ自分が好きになりそうな人を絞って探すと、なかなか理想が高い、競合するライバルが多い人気の人を選んでお見合いのお申し込みをしてしまいがちになります。

結果的にお断りや不成立の連絡があり、「このシステムは私に合わないと思います」や「フラれてばかり」と落ち込んだりしてしまいます。

 

いやいや、これはお相手があなたを選ばなかっただけです。

 

条件的に理想通りの人が幸せにしてくる訳ではありません。

それより、完全な理想ではなくても、プロフィールをしっかり読んで少しでも自分と価値観が似てそうな人(趣味や趣向や性格など)や希望年齢を少しだけ広げてみたりしてみてはどうでしょうか?

ちょっとだけでも会ってみようかなと思える人がいたら、お見合いを申し込んでみてください。

幸運にも成立したら、お見合いでお話ししてみると好きになる一面が出てくる可能性はあります。

でも実際のところ、頭ではわかっているけど心が動かずって感じが多いと思います。

だから最終的にうまくいかない理由をシステムや相手のせいにしてしまうんですねー。

なかなか難しいところです…。

私から、そういう方へ上手くいくヒントをお伝えします。

 

結婚に何が大切か?を間違わないように活動すれば、お相手は見つかります。

ご結婚に本当に見た目が大切でしょうか?高すぎる年収がそれほど大切でしょうか?

年齢も、もう少し上でも、お人柄が良ければ良くないでしょうか?

あとお見合いの申込みを受けたら、できるだけお会いしてみてください。

 

 

大阪・奈良で婚活なら結婚相談所プレジャートレジャー

お知らせはありません

space
お問合わせ 無料ご相談ご予約
トップページへ