婚活ブログ

婚活全般

婚活が上手くいかない理由とは?

こんにちは!
結婚相談所 Pleasure&Treasure(プレジャートレジャー)副代表の 高橋 龍 です。

みなさま最近はどうお過ごしでしょうか?
昨日は本当に寒い一日でしたね(>_<)
早く春がきて暖かくなってきて欲しくもありますが花粉症ですのでまだまだ油断できません。

今回は婚活の上手くいかない人、特に女性にスポットを当てて書かせていただきますね。。

婚活が上手くいかない根本的な原因ですがこういうと、身も蓋もありませんが、男女の違いです。
そもそも婚活が上手くいかないのは、男女の違いを分かっていないからです。
女性は相手の男性を好きにならないと結婚しません。
いくら婚活であっても「恋愛」ありきなのです。
ところが男性は、あまり恋愛を重視していません。婚活に来る男性は結婚相手を探しているのです。
すると、お互いの関係は噛み合わなくなってしまいます。つまり、ときめかないのです。
そうすると、いくら条件の良い男性が目の前に現れても「何か違う」となってしまいます。
逆に、ときめく男性に魅力を感じてしまいます。婚活をしている男性で、ときめく男性というのは、条件や人間性に難ありという場合がほとんどです。
婚活が上手くいかない女性は、自らダメ男にときめいてしまう傾向にあります。

それから相手のことを考えていないことがあげられます。
婚活をしていると、どうしても自分の都合で相手を探してしまいます。
ところが、結婚はお互いさまなので、相手の都合も満たしてあげられないと相手に選んでもらえません。
自分に都合の良い男性が見つかったとしても、相手にとってメリットがなければ選んでもらえないのは当然です。
相手の男性が私を選ぶメリットを考えないといけないわけです。
この発想を持てるかどうかはとても重要です。
上手くいく女性は、まず相手の男性にとって自分と結婚するメリットを考えます。
つまり、相手のニーズを満たしてあげられる男性が自分にぴったりの相手になるということです。

そして女性に最も多いのは義務感で婚活しているということです。
「婚活に疲れました」という女性は、だいたいが義務感で婚活をしてしまっています。
「結婚したい」ではなく、「結婚しないといけない」になっているんですね。
親が結婚しろと言うから、という他人のせいにしてしまっている場合もあります。
そろそろ年齢だから、友だちが結婚して焦った、とかの理由も義務感です。
子どもを生める年齢が過ぎてしまうから、も残念ながら義務感です。
「子どもを生みたい!」なら結婚したいになるのでしょうけれど、自分の内側から、「幸せになりたいから結婚したい」というのがないと婚活は上手くいきません。
そんなときは少し休んでみて、「結婚したいな」と思えるようになってから婚活を再開してみてください。

我々プレジャートレジャーはみなさまの幸せを願い全力で応援させていただきます。
婚活が中々上手くいかないと思われる方はぜひ我々プレジャートレジャーにご相談ください。

大阪・奈良で婚活なら結婚相談所プレジャートレジャー

お知らせはありません

space
お問合わせ 無料ご相談ご予約
トップページへ