婚活ブログ

婚活攻略法

婚活における苦手意識を克服しよう!

こんにちは!
結婚相談所 Pleasure&Treasure(プレジャートレジャー)副代表の 高橋 龍 です。

寒い日が続きますね(;^_^
最近は新型肺炎のニュースで世間をざわつかせていますがインフルエンザも流行っていますので
みなさまも体調管理はしっかりしましょうね☆

今回は婚活における苦手意識を克服することについて書かせいただきますね。

婚活を始めるにあたり、異性に対して積極的にアプローチするのが苦手な方や、コミュニケーションが苦手という方も中にはいらっしゃいます。
お相手とのコミュニケーションをより円滑にする手段の1つとして、 結婚相談所を利用するのもコミュニケーション方法の1つです。
客観的な第3者の視点で自分自身を捉え、自身の希望条件や活動に対してサポートしてもらえるため、 我が結婚相談所プレジャートレジャーを利用することを選択肢の1つとして検討してみてはいかがでしょうか。

・異性とのコミュニケーションが苦手
婚活を成功に導くためには、男女両方のコミュニケーション能力が重要な要素となります。
男性の中には、仕事の上も勿論のこと、プライベートでもコミュニケーションによって意思の疎通を図ることを意識しないことがあるため、お互いの理解が進みにくく、なかなかお相手の女性にめぐり合えない状態になることがあるようです。
あくまでも女性は、男性側からリードしていってほしいと考えています。そこで、男性・女性それぞれの視点で求められるコミュニケーション力について考えてみるのも大事です。

・異性へのアプローチが苦手
男性でも女性でも、異性に対して積極的にアプローチするのが苦手な方がいます。
自分のことを表現することや自分の感情を異性に伝えることが苦手な方や、異性とのお付き合いの経験不足から、どの様に表現したり伝えたりすればよいのかが分からないという方が多いようです。
男性女性両方が積極的にアプローチする場合には良いのですが、どちらかが異性に対するアプローチが苦手という場合には、円滑なコミュニケーションを行うために結婚相談所または結婚情報サービスを利用する方法があります。
我々プレジャートレジャーは、基本的には仲人が間に入って仲を取り持つことで結婚に重きを置いており、結婚したいと考えている男女の出会いに重きを置いています。

・年齢が原因で婚活しにくい
日本をはじめとする先進国において、晩婚化が進んでいる傾向にあり、日本の2011年の初婚年齢の統計では、男性が30.7歳、女性が29.0歳と、100年前の1910年と比較して男性は約4歳、女性は約6歳ほど晩婚化が進んでいる状況です。
また、2020年には、男性が32.3歳、女性が30.7歳まで上昇すると予測されています。
初婚年齢の高齢化は、大学進学率の向上に合わせて、上昇してきているようです。
女性は経済的にも余裕ができ、自分の収入を超える収入を男性側に求めることで、結婚に対するハードルを高くしている半面、男性側では不況によるリストラや非正規社員として働いていることから発生する経済的不安から結婚に対して慎重になっていることが考えられます。

・バツイチ・子持ちで婚活が難しい
独り身となった方が新しいパートナーを見つけて再婚したいと考えるのは、自然な流れです。
しかしながら、結婚生活がうまくいかなかったことに対してトラウマを抱えてしまい、新しい恋愛に対して慎重になることも少なくないようです。
再婚を目指す方はまだまだチャンスがあるということを信じて、一歩踏み出す勇気を持つことが必要です。
それには、過去の経験を生かすことが非常に重要です。
別れるまでに多くの経験をしたのは事実であり「お相手が悪かったのか」「自分に思いやりがなかったのか」などの結婚生活においてうまくいかなかったことと再度向き合い、
この経験を生かして、新しい一歩を踏み出しましょう。

 

奈良で婚活するなら結婚相談所プレジャートレジャー

2020年1月30日

成婚優秀賞(新人部門)を㈱IBJより表彰頂きました!!

space
お問合わせ 無料ご相談ご予約
トップページへ