婚活ブログ

男性の婚活

結婚相談所で結果がでない男性は自覚がない高望みが原因

結婚相談所で結果がでない男性は自覚がない高望みが原因

こんにちは!
結婚相談所 Pleasure&Treasure(プレジャートレジャー)副代表の 高橋 龍 です。

新型コロナウィルスの影響で様々なイベント等に影響が出てきていますね。
今年の東京オリンピックにも何やら雲行きが怪しくなってます。
せっかくのビッグイベントですので本当に早く収束することを願います。

 

 

 

今回は婚活での男性の高望みについて書かせいただきますね。

 

 

 

・結婚相談所で結果がでない男性は自覚がない高望みが原因

 

 

 

「結婚相談所を利用しているのに、一向に結果がでない」という男性は、高望みしてしまっていることこそが上手くいかない何よりの原因です。

 

 

それに対して、多くの男性は「自分は全く高望みをしていない!」と感じるのではないでしょうか。

 

 

しかし、そういった男性は自分では高望みしていないつもりでも、周りから見たら十分高望みになってしまっていることがほとんどです。

 

 

 

婚活を成功させるには、まず高望みしていることを自覚するところから始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

今回はどういった条件が高望みになってしまうのか、また、自分に合う人を探すためのコツをご紹介していきますので、婚活が上手くいかない男性はぜひ参考にしてください。

 

 

 

 

・高望みしている男性の希望条件とは

 

 

 

ここでは、高望みしていることに気が付かない男性の例をご紹介します。
一見、普通の希望条件に見えますが、男性側のスペックによっては高望みになってしまうことがありますので、婚活中の男性は要注意です。

 

 

 

1・女性への希望年齢が10歳以上年下である

 

 

 

女性が結婚相手に希望する男性の年齢は、年齢差にして5歳程度までです。
そのため、自分よりも10歳以上年下の女性を条件にするのは、芸能人や資産家など自分に特別な付加価値がない場合、相手からOKをもらうことがかなり難しくなってきます。

 

 

 

実際、結婚している夫婦の年齢差は平均で2歳程度であって、女性は極端に年齢が離れた男性を結婚相手に望んでいません。
このことから、10歳以上年下希望する時点で高望みであることを自覚しましょう。

 

 

 

2・見た目は“普通”よりも上が良い

 

 

 

婚活中の男性は「相手の見た目は普通であればいい」と考える方が多いですが、男性が思う普通は平均よりも上である、『そこそこの容姿』であることがほとんどです。

 

 

 

中には芸能人やモデル並みのルックスを希望条件にあげる人も存在します。
女性は容姿で男性を比較することが少ないとはいえ、まったく身だしなみを気にしない男性を結婚相手に選ぶことはありません。

 

 

相手に容姿のよさを求めるのであれば、自分もそれなりに磨いておくようにしましょう。

また、希望条件に何よりも容姿を求める男性は成婚できないケースが多いようです。

 

 

あまり外見のみにこだわるのは婚活の落とし穴だということを理解しておきましょう。

 

 

 

3・家事能力がある

 

 

 

女性に家事全般をやってもらいたいと思ってはいませんか?
女性の社会進出により、結婚後も働きたいと思う女性が多い中、今や共働きは当たり前になっています。

 

 

 

なので、共働きを希望しているのに女性に家事能力を求めるのであれば、立派な高望みです。

 

 

男性の育児休暇の取得など社会全体が男性の積極的な“家事参加”を進めているので、女性ばかりに家事能力を求めるのは控えましょう。

 

 

 

もし、どうしても家事は女性に・・・と考えているならば、専業主婦希望の女性をおすすめします。
ただし、この場合はある程度平均以上の年収を求められますので、女性がどういった男性を希望しているのかリサーチしておくことが大切です。

 

 

 

****婚活に関するお悩み、ご質問はまずはLINEでお気軽にこちらから♪LINEで無料でご相談お受けします****

 

 

奈良で婚活するなら結婚相談所プレジャートレジャー

2020年1月30日

成婚優秀賞(新人部門)を㈱IBJより表彰頂きました!!

2020年4月12日

当社における新型コロナウィルスの対応について

2020年5月30日

オンライン婚活バー 参加者募集中!!

オンライン相席Bar~気軽にみんなでおうち婚活~

space
お問合わせ 無料ご相談ご予約
トップページへ