婚活ブログ

男性の婚活

男性の結婚適齢期は?

結婚相談所プレジャートレジャーのうえだです。

 

先日、来年の東京オリンピックの当選発表の日でしたね。

皆さんは、応募されましたか?

正直、1年後の予定なんて全く分からないですが、とりあえず私も応募してみました。

開会式と野球の決勝戦だけですが・・・。

結果は、ハズレでした。

うーん、クジ運が悪いのは昔からですね、残念です。

まだこれからもチケットを応募できるチャンスは何度かあると思いますので、またトライしたいと思います。

侍ジャパンの試合は是非とも観てみたいですね。

当選された方、おめでとうございます!

日本で開催される機会なんて滅多にないことですので、観戦楽しんでくださいね。

 

さて、今回のテーマですが「男性の結婚適齢期」についてです。

子供を持ち、育てていくことを考えた時、男性にも適齢期があると言えます。

女性のように出産年齢はそれほど関係ありませんが、子供を育てる経済力と健康的な体ということを考えた場合、35歳では結婚していたいと考えるのが、先のことを考えて行動できる男性ともいえます。

35歳で結婚式・入籍をして、第一子誕生が36歳、第二子38歳。

これで、二人目の子が、大学を卒業までは、定年を迎えることがない計算になります。

もちろん、大学資金は予め貯めておけばいいとも言えますが、もし子供が医学部・薬学部を目指したり、大学院に行きたい、留学したいと言い出した場合は、想定以上の教育費が必要になるわけで、その時に定年退職していると、心もとないと賢い女性であれば、考えています。

婚活市場で35歳男性は、まだまだ若いと言えますが、先を見据えながら生きてきたハイクラスの男性になればなるほど、自分の人生が色々と後ろ倒しになっていることに気付き、結婚相談所での活動を検討する時代となりました。

男だって、若い方が婚活に有利!

特に40過ぎたら、男性の市場価値も一気に下がり始めることを自覚して、活動してくださいね。

 

奈良で婚活するなら結婚相談所プレジャートレジャー

お知らせはありません

space
お問合わせ 無料ご相談ご予約
トップページへ