婚活ブログ

婚活攻略法

好きなタイプの答え方って?

こんにちは!
結婚相談所 Pleasure&Treasure(プレジャートレジャー)副代表の 高橋 龍 です。

この頃朝晩の冷え込みが本格的に増してきて冬の到来を感じさせます。
みなさまも体調管理の方はしっかりしてくださいね(^_-)-☆

今回はお見合いでの好きなタイプの答え方ついて書かせていただきますね。

婚活で「好きなタイプは?」という質問は定番です。
当たり前の返答では、相手の心にインパクトが残らないでしょう。
好印象を残すためには、こんな当たり前の質問こそ、自分らしく魅力を発揮するチャンスです。
「でも本当の好みを言ったら、相手が引いてしまうのでは?」そんな不安を抱いて、質問の返答が出来ない人もいるかもしれません。
婚活で好きなタイプを聞いてくるのは、相手が自分の対象になるのかどうかです。
そんな点を、探っているからでしょう。もしくは話題が全くなく、ほかに聞くことがないので、質問してくる人もいます。
どんな目的があるにせよ、好きなタイプを上手に答えることが、人柄を相手に伝える重要なポイントです。
そのため、失敗は許されません。では、どんな点を意識して答えるべきか、ポイントアップの秘訣をご紹介しましょう。

・理想的な返事の仕方とは?
婚活で質問される、「好きなタイプ」についての質問。頭のなかに浮かんだ人物像を、そのまま相手に伝える前に、一呼吸おいて、よく考えてみましょう。
次のポイントを意識すると、相手も納得してくれます。

1・好みを限定しないこと
婚活でよく質問される「好きなタイプ」ですが、イメージする理想像を限定してしまうと、相手が困惑する可能性があります。
たとえば野球をする人、背が高い人、目がクリっとした人など、具体的すぎる回答は、婚活シーンでは受け入れてもらえないことがあるでしょう。
質問をしてきた男性が、どの理想像にも当てはまらない時は、その場で断られたようなものです。
はっきりアピールしてしまうと、場合によっては、相手に失礼になることもあるでしょう。
太った人に向かって「痩せた人が好みです」というのは、絶対に避けたい答え方ですよね。
・将来を匂わせる回答をする
婚活は、皆さんが同じ目的ですよね。そのため好きなタイプは、恋人よりも将来のパートナーとして、相手にイメージしてもらうとよいでしょう。
恋人にするなら優しい人、話が面白い人など、大まかなことだけでもいいのですが、結婚となると、将来を匂わせておいたほうが、真剣に婚活に取り組んでいると思われるのです。
たとえば「家族を第一に考えてくれる人」「子供が好きな人」など、自分が描く将来の家庭像を、なんとなく好きな人に当てはめておくことも大切ですね。

2・誰にでも当てはまりそうな人物像
自分の理想の相手は「絶対にぶれずに決まっている」という方もいますが、
もし婚活で質問されたときは、うまくごまかして、出会いのチャンスを広げないといけません。
たとえば尊敬できる人、思いやりがある人など、性格的なことなら誰にでも当てはまり、相手を傷つけることはないでしょう。
「これではインパクトが少ない」と思う人もいるかもしれません。
しかし、答えの内容よりも、相手にどうアプローチするかをチェックしている人もいますので、適度なごまかしも忘れてはいけませんね。

3・どうしても譲れないところははっきりと伝える
婚活で好きなタイプを聞かれたときは、正直に伝えたいところはしっかり伝えましょう。
「性格がよければそれでいい」という理想像を持った人もいるかもしれませんが、何かしらこだわりはあるはず。
たとえば、将来親と同居しないといけない人は、「自分の親とうまくやっていける人」が、好みの条件に入るでしょう。
好きになった人、もしくは好きになってくれた人には、最初に理解してもらいたいことが色々とあります。
結婚を現実的にとらえ、どうしても譲れない部分は、はっきりと伝えるようにしましょう。

さて我々プレジャートレジャーは今回も婚活パーティーを開催します。
12月21日(土)13:00~14:30開催
ちょっと真面目で、気軽なパーティー★プレ婚パーティー
場所:東心斎橋 ほおずき
男性/30歳~47歳(結婚に前向きな独身の方)
参加費/6000円
女性/30歳~47歳(結婚に前向きな独身の方)
参加費/4000円

詳しくは

ちょっと真面目で、気軽なパーティー★プレ婚パーティー

をご覧ください。

我々プレジャートレジャーはみなさまの幸せを願い全力で応援させていただきます。
この機会に自分をしっかり見つめ直していい出会いができますよう我々プレジャートレジャーもお手伝いをさせていただきます!

奈良で婚活するなら結婚相談所プレジャートレジャー

お知らせはありません

space
お問合わせ 無料ご相談ご予約
トップページへ