婚活ブログ

婚活全般

ポジティブシンキングとネガティブシンキング

こんにちは!
結婚相談所 Pleasure&Treasure(プレジャートレジャー)副代表の 高橋 龍 です。

いよいよ12月に入り今年もあと一ヶ月を切りましたね。
この時期になると毎年忙しくてバタバタしてしまいます(;^_^A

今回はポジティブとネガティブそれぞれの思考の違いによる婚活状況について書かせていただきますね。

婚活は、現実を理解するところから活動されますと、お相手と出会う機会も多くなります。
一般的にはポジティブに考えることが、精神的にも良いです。
でも、どうしても心配されて、ネガティブになることが多いです。
現実をあまりポジティブに考えますと、理想と現実にギャップを生じますし、ネガティブに考えますと前には進めません。
それでは婚活はどのように考えることがいいのでしょう?
先ずは、現実を早く捉えることが大切です。
どうしても、理想が先行してしまいますので、現実から離れてしまいます。
自分自身を知ることが大切になります。
システムを使用した婚活は、お相手に面と向かってお会いしていただくお願いをすることではありませんので、お断りされても理由が分かりません。

「美人ではないのでお断りします」
プロフィール写真を見ただけで、タイプではないことです。
結婚生活は容姿ではありませんので、容姿の判断だけではお会いしても、残念に思うだけかもしれません。

「収入が低いので、ブランド品は買えないでしょうから、お相手として満足できません」
女性自身が高収入の場合もあります。
海外旅行にも行きたいし、少しは贅沢な生活をしたい気持ちから、収入の高い男性を望む女性もいらっしゃいます。

「もっと若い人がいいので、結婚相手としての年齢条件から外れます」
男性は年下でも若い女性を望みます。
特に40代の男性は20歳代から30歳前半を希望する人が少なくありません。

このようなお相手への条件は、理想のままにお見合い申請をいたします。
婚活を始めて最初の段階では、ポジティブに考えて現実を理解しないままお見合い申請をします。

ポジティブな現実主義の人は、現実を理解していても理想のお相手へ申請を続けていきます。
それがたまに、受けていただける人が現れます。
そのためには、数多くのお相手にお見合い申請をいたします。
申請を受けていただける確率が数パーセントに充たなくても、受けていただけるお相手がいますので、同じような条件で申請を続けられます。
現実を知りながらも、自分自身の理想の条件でお見合い申請ができます。
お断りの数が多くなってもポジティブに考えて申請ができます。

ネガティブな人は、5人、10人にお見合い申請をしてお断りされますと、申請ができなくなります。
現実を理解できずに落ち込むことになります。
現実主義であっても、あまりにも厳しい現実に理解ができなくなってしまいます。
それは、自分のことを理解していないことが原因でもあります。

このような理想と現実とのギャップは、理想のお相手に近づけていない自分自身のことを理解していないことが原因としてあります。
しかし、変われる自分を知らないこともあります。
婚活は自分を変えるいい機会でもあります。
自分では分からなかった気力ある自分に変わることもできます。

ネガティブに考えないで、現実主義で今の自分の立ち位置を知り、ポジティブに考えて容姿や言動を変えることで、
今の自分より魅力を持つことができます。
このことは女性だけではなく、男性でも同じですので、魅力ある男と女の出会いを実現してください。

 

奈良で婚活するなら結婚相談所プレジャートレジャー

お知らせはありません

space
お問合わせ 無料ご相談ご予約
トップページへ