婚活ブログ

女性の婚活

お見合いがうまくいかない女性の特徴と成功させるポイント

こんにちは!
結婚相談所 Pleasure&Treasure(プレジャートレジャー)副代表の 高橋 龍 です。

12月も半ばに入りましたね。
今年も残すところ2週間、頑張っていきましょう!

今回はお見合いがうまくいかない女性の特徴と成功させるポイントついて書かせていただきますね。

結婚相談所に入会したものの、お見合いがうまくいかず悩む方も多いことでしょう。
お見合いや婚活がうまくいかないのには理由があります。
まずは、考えられる原因を知り、出会いのチャンスを広げていきましょう。
ここでは、お見合いがうまくいかない女性の特徴と成功させるポイントについて紹介します。

・お見合いがうまくいかない女性の特徴
お見合いや婚活がうまくいかないのは相手のせいだと思っていませんか?
物事が自分の思うように進まない時は、つい相手のせいにしてしまいがちです。
しかし、積極的にお見合いへ申し込みをしているにもかかわらず「希望条件が合わない」「相手にお断りされてしまう」という方は、自分自身に原因がある場合も考えられます。まずは、お見合いがうまくいかない女性にありがちな特徴から見ていきましょう。

特徴1・お見合い相手に求める条件の理想が高い
お見合いや婚活をするうえで相手に求める条件を持つことは大切です。
しかし、職業や年収、容姿など相手に全ての条件を求めようとすると、理想と現実のギャップに悩み出会いのチャンスを逃してしまうことあります。
相手に条件ばかりを求めるのではなく、1つや2つの欠点はお互いさまととポジティブ思考にすることで、出会いのチャンスが広がりより効率的に婚活ができるようになるでしょう。

特徴2・アピールポイントが少ない
お見合いや婚活がうまくいかないという方は、プロフィールの写真や内容をもう一度チェックしてみましょう。
結婚相談所において、お見合い相手に選ばれるためには、プロフィールの写真の表情や内容が重要であると言われています。
例えば、顔写真の写り方によっては「無口なのかな?」とネガティブな印象を与えてしまい相手にスルーされてしまうことも考えられます。
また、趣味や特技、将来の家庭像などアピールポイントが少ない場合は、相手も興味を持ちづらく情報不足と判断されお見合い相手として選ばれない可能性が高いです。

特徴3・自分を客観視できていない
お見合いや婚活がうまくいかない原因は、自分を客観視できていないからということも考えられます。
極端ですが、「昔はそれなりにモテた」という人であったとしても若い頃のような服装や髪型、考え方では自分の市場価値をわかっていないと判断され相手にスルーされてしまうこともあるでしょう。
お見合いを成功させるためには相手に理想の条件ばかりを求めるのではなく、自分も相手に選ばれる立場であるということを意識しましょう。
自分を客観視できるようになれば、幸せな結婚生活に本当に必要なものは何なのか自然と見えてくるはずです。

・お見合いを成功させるポイント
お見合いや婚活がうまくいかない原因がわかったら、次は成功させるポイントを参考に改善していきましょう。
上記でも挙げた通り、相手に求める条件をこだわりすぎていると出会いのチャンスを逃してしまいます。
まずは、相手に求める理想の条件を書きだして、どうしても譲れないポイントがあるならば「必須条件」としていくつか絞っておきましょう。

ポイント1・理想の条件の許容範囲を広げる
理想の条件をリストアップしたら、次は許容範囲を広げていきましょう。例えば、お見合い相手に求める理想の年収が1,000万円だったとします。
しかし、地域や年齢により異なりますが、35歳の男性の年収で平均500万円前後といわれているため、相手に求める条件としてはあまり現実的ではありません。
結婚生活を送るうえで大切なことは、至らないところは互いに認め合い、それを補える関係です。
年齢や職業、収入、性格、容姿など、100%理想の条件にあてはまる人などほとんど存在しないため、条件以外の部分(気が合う、趣味が合うなど)も大切にすることで出会いが増えてより婚活がしやすくなるのでしょう。

ポイント2・条件があわなくても一度は会ってみる
積極的にお見合いや婚活をしているものの、自分の条件と合わずお断りをしてしまったというような経験のある方は、生理的に無理でないのなら1回は会ってみることをおすすめします。
性格や価値観などの内面的な要素は実際に会って会話をしてみなければわかりづらいため、想像以上に「素敵な方だった」「プロフィールの印象よりも良かった」と答える方も意外と多いのです。
全ての条件があわないからといって簡単にお断りをしてしまうと損なことでもあります。
お互いに楽しい時間を共有することで自分の気持ちが変わって、そこから交際へ繋がる可能性も十分考えられます。

ポイント3・結婚の未来を想像させる
お見合いでは誰が自分を選んでくれるかわかりません。そのため、条件だけを並べるのではなく、結婚した時の様子を想像させるのも大切です。
例えば、「年収○○〇以上、高身長で優しい方が理想です!」と、条件をいくつも書いてしまった場合、わがままで自分のことしか考えていないと誤解されてしまい「理想を叶えてあげられる自信がない」「結婚生活のイメージがわかない」などと、相手の負担にしかならないことも考えられます。
お見合い相手に求める内面的な要素を基準として、「思いやりのある方と笑顔のたえない家庭を築くのが夢です」「自分がお喋り好きなので明るい方が理想です」などと、結婚後を想像させるように書くと求めているものが相手にも伝わりやすく、印象も良いです。

・まとめ
お見合いや婚活がうまくいかないのには理由があります。自分を客観的に見つめなおすことで、幸せな結婚生活に本当に必要な条件が自然と見えてくるはずです。
まずは、上記のポイントを参考にお見合いを成功させましょう。

奈良で婚活するなら結婚相談所プレジャートレジャー

お知らせはありません

space
お問合わせ 無料ご相談ご予約
トップページへ