婚活ブログ

婚活全般 婚活の悩み

男性が婚活に消極的な理由

男性が婚活に消極的な理由

こんにちは!

 

 

結婚相談所 Pleasure&Treasure(プレジャートレジャー)副代表の 高橋 龍 です。

 

 

ここ数日急なゲリラ豪雨が降りましたね。

 

 

天気予報では晴れという情報でも携帯傘はしっかり持っていた方がよさそうです。

 

 

 

今回は婚活に消極的な男性が抱えている悩みについて解説します。

 

 

 

・女性と交際した経験がない

 

 

 

最近では婚姻率の低下とともに、異性と交際したことのない人の割合も増えています。

 

 

25~34歳までの男性にアンケートを取った結果、「3人に1人は交際経験がない」という結果が出たそうです。

 

 

女性との出会いがなく、出会いがあってもどう交際していいかわからない男性は思ったよりずっと多くいるようです。

 

 

 

・過去の恋愛で傷ついている

 

 

 

恋愛経験がある男性では、かつての女性との恋愛や結婚での傷や、疲れが消極さにつながっていることもあります。

 

 

「婚約していた女性と入籍間近に破局してしまい女性不信」「女性と交際すると、傷つきそうで不安」など、男性の心を傷つけた過去の恋愛が、婚活をしにくくさせていることも考えられます。

 

 

 

・容姿にコンプレックスがある

 

 

 

女性が男性の目を気にするように、男性も女性の目を気にしています。

 

 

「太っている」「髪の毛が薄い」「顔がかっこよくない」「ファッションに自信がない」など、自分の見た目にコンプレックスがあるために、女性から選ばれないのでは?という不安を持つ男性も多くいるようです。

 

 

 

・女性とのコミュニケーションに自信がない

 

 

 

容姿のコンプレックスがある一方で、「女性と2人きりになった時に、何を話していいかわからない」「女性が喜ぶデートがどんなものかわからない」といったコミュニケーション的コンプレックスから、婚活に踏み出せない男性もいます。

 

 

 

・職業や収入に対するコンプレックスがある

 

 

 

現在の日本では、男性の経済力は結婚の決め手になりがちです。

 

 

そのため、職業や収入に不安を覚える男性も、婚活に消極的になっています。

 

 

男性にとって仕事や経済力は、社会的な魅力といってもいいものです。

 

 

そのため、仕事に自信がないと「自分は他の男性を比べて、魅力がないのでは」と思ってしまいやすい傾向があります。

 

 

 

・結婚の必要性が感じられない

 

 

 

24時間営業のコンビニあり、時間短縮ができる家電ありと、利便性の高い生活が送れる現在。男性も生活のために料理や家事をすることに慣れています。

 

 

婚活に消極的な男性は、現在の生活に不満を感じず、「わざわざ結婚しなくてもいいのでは」と考えていることもあります。

 

 

時代の変化に伴い、価値観が多様化したことの表れでもあります。

 

 

婚活に消極的な男性といっても、「結婚したくてもできない」人から「結婚の必要性を感じない」人までさまざまです。

 

 

それでも婚活が必要な場合は、確実に結婚できる出会いを目指したいものです。

 

 

結婚相談所での婚活なら、カウンセリングやサポート、お見合いパーティーなどの包括的なサービスで「結婚しなじ」「結婚できない」を「結婚したい」「結婚できる」に変えることが出来ます。

 

 

まずは我々プレジャートレジャーに資料請求を行なってみましょう。
全力でサポートさせていただきます!

 

 

 

 

 

****婚活に関するお悩み、ご質問はまずはLINEでお気軽にこちらから♪LINEで無料でご相談お受けします。オンライン面談も対応可能です。****

 

 

 

 

20代の婚活からシニアまで!奈良の結婚相談所「プレジャートレジャー」

space
お問合わせ 無料ご相談ご予約
トップページへ