婚活ブログ

女性の婚活

どういう女性が結婚相手として見られるか?

結婚相談所プレジャートレジャーのうえだです。

 

先日、副代表の高橋と和歌山県白浜までささやかな慰安旅行に行ってきました。

高橋の趣味である釣りに同行する目的だったのですが、生憎の雨で結局釣りは出来ませんでした・・・

でも、温泉に入って美味しい物を沢山食べて色んな所へドライブに行ったりして楽しい二日間でした。

高橋さん、悪天候の中での長時間の運転、お疲れ様でした。

今度は天気がいい日に釣りに行くことをリベンジしたいですね。

 

さて、今回のテーマですが結婚に対する女性の脳と男性の脳についてお話していきます。

女性は、恋愛=結婚と考える人がほとんどですよね。

ですが男性は、恋愛と結婚を別物で考えている人が多数です。
恋人を選ぶ段階から、『この人とは恋愛だけ』『この人は結婚までいけるかも』と、無意識に分ける傾向にあるのです。(特に30代以降の男性)

これをきちんと理解しないまま婚活を始めてしまうと、結婚する気がない男性と長年付き合ってしまうという、よくあるお悩みにぶち当たります。

男性が『恋愛目的』で選ぶ女性は、

 

・見た目が綺麗、可愛い
・肌や髪が綺麗
・いい香りがする

 

など、見た目が麗しい女性に惹かれる傾向にあります。

 

『結婚目的』で選ぶ女性は、

 

・仕事への理解があり、相談ができる
・甘えさせてくれ、叱ってもくれる
・精神的に自立している
・家事、料理ができる
・家族を大切に、幸せにしてくれると感じさせられる

 

こういった振舞いができる女性と結婚したいと考える男性が多いのです。

『モテるのに結婚ができない』

そういった女性の話をよく聞きますが、『恋愛目的の女性』としては評価が高いものの、『結婚目的の女性』としては評価が低くなってしまっているのかもしれません。

つまりは、美人であることが必ずしも『婚活市場』でモテる要因になるとは
限らないというわけです。

※もちろん外見を磨くことの否定ではないです。

今一度、自分自身が男性から『恋愛目的』としてしか見られていないかどうか
チェックしてみてくださいね。

そして、『結婚目的』の女性になれるように、しっかりと自分磨きに頑張りましょう!

 

 

奈良で婚活するなら結婚相談所プレジャートレジャー

2020年1月30日

成婚優秀賞(新人部門)を㈱IBJより表彰頂きました!!

space
お問合わせ 無料ご相談ご予約
トップページへ